愚痴です

PINOたんがシーソーを
怖がらないように
ゆっくりと時間をかけて
練習して来て数か月

反対側に行くのにフルスピードは
まだ時々しか出来ないけど

シーソーを怖がる事も無く
反対側が落ちる前に早歩きで
辿り着く事が出来る様になっていたのに

勝つ為に走っているクラブの人に
物の数分で台無しにされました

練習のあった日

最初の1回目はPINOたん
端っこまでフルスピードで行ったんです

端から落っこちるんじゃないか
そう思う程早いスピードで

とても上手に出来たのに
その人がダメ出しをして来て

もっとこうするべきだ
こうしなくてはいけない云々。。。

彼女は親切で言ってくれています
それは疑いの余地は無いのですが

彼女のやり方・教え方は
ビビリのPINOには向かないんです

約1年前に数度試してPINOが凄く怖がり
Aフレもドックウォークも登れなくなった程

その事があるからPINOから
シーソーの恐怖が抜けるまで
練習を再開しなかったのに


彼女にはお礼を言って丁寧に断ったんです

なのに口出しも手出しも止めない
何度も断っているのに止めない

結果PINOは完全に
ビビってしまってその後の練習では
ドックウォークすらも登れなくなりました

彼女に悪意が無いのは判るけど
なぜ犬によって合う合わないがある

彼女の犬には合うやり方は
PINOには合わないんだという事が

見ていてじれったいのは判るけど
あえて私がPINOに合うやり方で
時間をかけてやっているという事が

彼女はベテランハンドラーなのに
何故そういう事がわからないのかなぁ



あぁぁぁぁぁぁぁ物凄く腹がたつ




お帰り前にぽちっと一押し♪
 
宜しければこちらもぽちっと♪
にほんブログ村 犬ブログ ドッグアジリティ(ドッグスポーツ)へ
いつも応援ありがとうございます